スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    はじめから楽天銀行カードローンならこれだけで十分☆

    アコムやプロミス、アイフルなど大手消費者金融の利息設定にそれほどの差はありませんが、50万円以下の融資なら手軽に、申し込んだその日の内に振込がされることもありますから、借入金額がこの辺りで補えるものなら利息の付く借金はこの辺に止めておきたいですが、借入の目標額が100万円を超える場合では、ちょっとした利率の差が完済までの返済額に大きく違いが出てきますから、できれば楽天銀行などの低利率のカードローンの審査を通しておくのがベストな賢い借金法ではないでしょうか。

    限度額も大きく低利率の楽天銀行のスーパーローンに初めての場合に比較的審査が可決されやすい50万円以下の少額融資から申し込んでローンカードを作成しておけば、良好な返済関係を築いていくことで、100万円以上の高額な増額融資でも融資されやすくなりますから、50万円融資ばかりをそれぞれの消費者金融から4件で200万円の残高に対して年利18%前後に比べれば、楽天銀行のカードローンは融資金額によって高額になるほど利率が低利になっていく方が、長期にわたる返済期間を想定した場合、業者が一件で返済に有利な低金利であるため、他のおまとめローンなどに乗り換える必要もありませんし、最高限度額が500万円までですからここまで利用できたとしても、尚も利率が低利に設定されていますので、借り始めから将来最高限度額まで利用したとしても、断然有利になります☆☆☆

      審査通過に自信のある方はこちら↓ ↓ ↓   
                 厳選¥キャッシングなび

    ご利用限度額 お借入利率
    500万円 4.9%~7.8%
    350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
    300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
    10万円以上100万円未満 14.5%

    楽天銀行のカードローンは、収入証明書原則不要!紙の契約書・入会金・年会費、一切不要!
    【所要時間:15秒】
    スポンサーサイト

    楽天銀行のカードローンなら金利面でお得感あり

    銀行のカードローンの場合、アコムやプロミス、アイフルなどと比べても金利面では割安感がありますから、借入までにそれほど急ぐこともなく、少々時間があるならネット系の銀行もカードローン商品を取り扱っていますから、できれば、こちらの方からアタックしてみてはいかがでしょうか。

    審査時間は最短即日でありながら、最大500万円までの貸付額に加えて、融資額によって利率設定を公開していいるのが''楽天銀行のカードローン''です。

    ご利用限度額 お借入利率
    500万円 4.9%~7.8%
    350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
    300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
    10万円以上100万円未満 14.5%

    【所要時間:15秒】

    楽天銀行のカードローンは、収入証明書原則不要!紙の契約書・入会金・年会費、一切不要!

    ご覧のように消費者金融の年利18%に比べて、銀行のカードローンは割安感がありますから、早めのネットからの申し込みで時間に余裕があるなら是非申し込んでおきたいところです。

    もちろんネット銀行系ですから、銀行店舗がありませんから、普通預金を開設しても、そのほかのカードローンのような貸付資金のサービスを受けても、すべてネット上の取引になる特徴があります。

    楽天銀行のカードローンは各種目的に合わせたローンもさらに固定の低金利で人気があります。

    ■スーパーローン
    ■目的型ロ ー ン ト ラ ベ ル(旅行資金)
    ■目的型ローン ブライダル(結婚資金)

    こうして目的に合わせて資金が借入れることができれば、人生の目的を果たすために、そのときにしか味わうことのできない時間を無駄にはしたくないですから、収入の先取り感覚で計画的に利用すれば、借りれに臆する必要はありません。

    はじめてでもやさしい対応のプロミス

    テレビコマーシャルでお馴染みのお金を貸してくれる消費者金融といったら、プロミス?、アコム?、レイク?、昔から盛んに宣伝されてきましたので、武富士やアイフルみたいに、コマーシャルに出てこなくなったり、紆余曲折もなく、何十年にもわたって一般庶民からすると好イメージを保ったまま成長を続けてきている感じがします。

    普段から、その好イメージの期待を裏切らない借主目線の接客対応ができていることに加えて、武富士やアイフルのような裏表を感じさせない営業姿勢が一番の成長要因ではないでしょうか。

    なにしろこの消費者金融という業界は、一歩間違えば株価などに影響を及ぼし、負の連鎖で信用を失いかねませんから・・・

    ところで、いまからお金を借りることぉ考えて消費者金融のからの借入を考えている方は、これまでここで出てきたネームングの消費者金融の中でどこから借りるのが希望でしょうか?

    レイクに関しては数年前から新生銀行のカードローンに生まれ変わっていますので、消費者金融とは言わないかもしれませんが、借りる方からすれば以前と比べると具体的に何がどう変わったか良くわからないところがあります。

    いずれにしても、無名の中小の街金にしても好イメージが先行してしまうプロミス、アコム、レイクなどの大手消費者金融にしても、貸金業法が改正されてからは年利20%を超えた利率の設定を行ってはなりませんから、返済する利息の差がそれほどないならどこで借りてもいっしょですが、接客対応を含めた「はじめの30日間は無利息!」「即日振込!」としたサービスを行っていることに加えて、プロミスカード">プロミスカードの機能もかなり高機能なこともあってプロミスが一歩抜きんでた存在にあるように思えます。

    カードローンなどキャッシングの限度額を広げるには

    成人を超えれば、誰しもクレジットカード一枚持つのにそれほどの苦労はなかったが、多重債務問題が浮き彫りになり、2010年に貸金業法、割賦販売法が共に改正されたことにより、事情が変わってきた。

    消費者金融などの純粋なキャッシングローン">キャッシングローンなどに比べ、クレジットカードの発行の方が厳しい状況になり、以降利用限度額が大幅に引き下げられている傾向にある。

    クレジットカードの商品代金の後払いや割賦販売にも総量規制の適用範囲内になり、キャッシング枠にも他社の借入を含めて年収の1/3を超えた額を融資することが禁止されている。

    クレジット会社はこうした法律に基づいた審査が行われることになり、支払可能見込額は「(年収-生活維持費-クレジット債務額)×0.9」で計算される勤続3年程度のサラリーマンだと可決されるのはせいぜい30万円程度で、勤務態度が良いサラリーマンでも審査で弾かれてしまう確率が高くなっている。

    ''それではこの限度額を広げる方法はないものか?''

    これはカード会社によって異なるが、一般に銀行系カードの場合は状況は厳しいものになり、一方純粋なクレジット会社やリース会社によっては、担当者への交渉によって信用を得られるなら如何にか限度額を広げてくれる場合もある。

    預金や積立貯蓄がならば、それを審査に伝えて食い下がることで融資可決に好転する場合もありますし、源泉徴収など、税務関係の公的書類で年収などが証明できるなら、医療費などの控除を使っている場合は、収入がその分少なく見えてしまうので、サラリーマンなら給与明細、自営者は確定申告の内容を証明できれば、ここまで食い下がることで有利になることもあります。

    あとは、どの金融機関も過去の支払履歴の内容を重んじる傾向にありますから、すでに積み重なった信用があるなら延滞のない良好な返済状況の如何によっては積極的に限度額を広げてくれるでしょうし、これからという場合でもオリックスなどのリース会社やクレジット会社の場合の返済法は銀行引落のみが殆どになりますので、是が非でも引き落とし日に返済額が間に合わなかったとか、うっかり的なミスでも増額を希望した場合は絶望的になるほど致命傷を負ってしまいかねません。

    そこで銀行口座を複数持っていたりすると、気留守になっている口座からの引き落としなどで「うっかり」をやってしまいやすくなりますから、様々な引落での支払いは一口座に統一するのをお勧めします。

    増額審査を通しやすくするのに、裏技的な手法は存在しませんから、ダメもとで真っ向から食い下がる方法で挑むしかないかもしれません。

    いま最も広告が目立つのは三井住友銀行グループのモビット?

    消費者金融のテレビコマーシャルが頻繁に行われているのは、ここ最近ではアコム、プロミス、モビット、レイクといったところでしょうか。

    大手消費者金融のすざましい商戦はこれに止まらず、新聞雑誌、看板や貼紙広告やネット媒体ではホームページはもちろんのこと、メールマガジンによる頻繁な販促戦略によってアコム、プロミス、モビット、レイクという呼称がお金を貸してくれるところであることを疑う人はどこにもいないぐらい一般庶民に浸透しています。

    モビットは、旧株式会社三和銀行と、旧プロミス株式会社(現SMBCコンシューマーファイナンス)が中心となって、平成12年5月に設立した消費者金融事業者でありますが、現在、個人のお客さま向けのローン事業と、金融機関向けの信用保証事業を併営しています。

    既存の業態とは異なる商品設計に基づく新型ローンを開発するとともに、インターネット等のIT媒体を積極的に活用し、ローン事業や保証事業で、新しいマーケットの創造に努めているようですが、この結果、平成24年3月末時点の業容は、営業貸付金残高1,683億円、保証残高684億円となっているようです。

    モビットの事業発足から一年にも満たない間に個人向けローンだけで見ても月平均160億円に上りますから、一日だと5億円強が毎日貸し出されてる算用になります。

    一人当たりの貸付平均が50万と仮定するなら、一日に1000人に貸付けられていることになります。中小の街の金融業者にはとてもマネのできない芸当ですが、これは借りる側からすれば、設定金利がまったく同じであってもアコム、プロミス、モビット、レイクのような好印象のイメージは街の金融業者にはありませんし、高額な広告費用も捻出できませんから、今後も大手消費者金融は益々の繁栄から独断場状態が加速されていくことが予想されますし、それ以外の中小の金融業者は逆に衰退していくことが考えられます。

    おすすめ☆
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。