FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    消費者金融アイフルの最近の評判は?

    どうするアイフル♪のコマーシャルの後押しもあってか、10年ほど前のこの会社の勢いは止まるところを知らず、あの武富士を抜いてしまって業界のトップに君臨するほどの勢いで儲かっていました。

    その背景には、おまとめローンというサービスが絶好調であったことが要因に挙げられていますが、このアイフルのおまとめローンには借主からすれば大きな落とし穴があったとされています。

    その落とし穴とは、おまとめローンの詳細は不動産担保融資が条件であったため、消費者金融従来の無担保・無保証という業者からするととてもリスクの高い金融商品であることから、これを補うためかおまとめローンで高額融資を謳い文句に、実はノーリスクの不動産を担保に入れさせて高い金利をそのまま付けて何百万円も貸し出していたのですから儲からないわけありませんよね。

    こうしたカラクリが目立ち過ぎたため、金融庁が黙っているわけもなく、強引に刑法にかかる行為を見つけ出し、お咎めをまともに食らったために、社会的信用を失ってしまったばかりか、悲鳴を上げた債務者が堪らず弁護士に逃げ込み、過払い金請求の雨あられによって、膨大な返還請求額に対応しきれず、債権者側であったはずのアイフルが一転して不良債務者と化したのです。

    これによって好調を維持していた株価も一気に大暴落を余儀なくされた経緯があったはずなのに、その汚名は返上できてしまったのか?いまでは、こうした痛い経験から勉強したのか、改正貸金業法の施行により、この消費者金融業界は厳しい状況にあるにも関わらず、ここ最近の株価は活況を呈しており、完全に復活したように見えるほどです。

    現行のアイフルのおまとめローンはこの時とは、性質がかなり変わって利率も下がった上に、無担保・無保証人で300万円までの高額融資が可能ということですから、10年前のきつい条件からするとかなり緩和され、利用しやすくはなっているように見えますが、しかし、これもこと延滞だの焦げ付きだのに対しての取立姿勢については法の範囲内であれ、厳しいものがあるかもしれません。
    おすすめ☆
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。